THOYYIB(AN) ・ 日本未来のハラルプロダクト

  • 日本STANDARDプロダクト (日本工業規格JIS)はじめ、日本農林規格JASのQUALITYは世界最高峰過言ではない。
  • 私達ムスリムイスラーム教徒は”良いモノ”THOYYIB(AN)と呼びます、そして”許されたもの”をハラル(HALAL)と呼びます。
  • 実は、HALALはTHOYYIB(AN)でなければならないです。ハラル(HALAL)であっても”悪いモノ”ではダメです。
  • そこで、MADE IN JAPAN(JIS ,JAS など)THOYYIB(AN)であるのは間違いないでありますが、あとはどうすればHALALとTHOYYIBANを実現させるのは、JPNMUSLIMの日本と未来のハラールプロダクトPROGRAMです。



HALAL PRODUCT プログラム

  • 本当にハラルプロダクト認証取得紹は必要か!
  • 新しい視点でハラルプロダクトの正しい情報をお知らせしています。
  • 私達ムスリム(イスラーム教徒)は、日常生活であらゆる行為が創造主アッラーSWTの望まれる行いかどうかを意識しながら生活しています。
    もちろんアッラーの禁じられることは僅かで、ほとんどの行為は許されていると言っても過言ではありません。
  • 禁じたものはハラームと呼ばれ、許されたものをハラールと呼びます。アッラーは、決してムスリムを困らせるためにハラームを定められたわけではありません。それは、アッラーに対する信仰の証しを行為で示すことを意味し、行うべきことはワージブ(義務)と呼ばれ、行わないことによって信仰の表明をすることがハラーム(禁止)となるわけです。
  • 確かに、イスラーム社会にあっても最近は、ハラールマークの商品やレストランなどが多くなってきて、ムスリムたちも安心を求めてそれを基準に買い物や食事をするケースも増えてきました。
    しかし問題は、イスラーム社会の中で出されているハラールマークと日本のような非イスラーム社会の中で出されているハラールマークが同じ基準で出されているかどうかということです。
  • イスラーム社会でのハラール基準は、商品なりレストランなりで、仕入れから製品として提供されるまでの全ての段階でハラール性が担保されていることを証明するものであり、それはイスラーム社会であれば完全にそれが保障されていることを疑うことはありえないでしょう。
    しかし、もし日本のような非イスラーム社会でハラールマークを同じ基準で出すことは極めて困難であると言わざるを得ません。
  • 日本に住む私達ムスリムにもそれは不可能とは言わないまでも、残念ながら責任をもってそれを証明できる段階にないのが現状です。
    JPNMUSLIMのできることJPNMUSLIMとしてハラール証明書がほしいという要請には、私達ムスリムが本当に安心できることが証明できれば、問題はありません。
  • しかし、その基準が日本独特のもので他のイスラーム社会の基準と異なるものについては、残念ながら責任が持てない以上出すことは出来ません。それらの要請には、個々の事案に対するアドバイスを行い、出来る限り外国からのムスリムにも安心を提供できる方法を整える意味で、ハラール国内を確実なプログラムを立ち上げて対応することになりました。
  • 備考:HALALはTHOYYIB(AN)でなければならないです。



Q & A

FAQ